2018_3_4



2018年 3~4月 音ゲー更新頻度まとめ

2018年 1~2月はこちら
エムジフ 2018年 1~2月 音ゲー更新頻度まとめ(音ゲーランキング)


調査対象はこのサイトで取り上げられている音ゲーのみとなります。
また、正確な値を計算したわけではないので実際の曲数と誤差があります。
そのため、楽曲の数につきましては最低〇曲と表示しておりますのでご了承ください。
ランキングの順位につきましては個人の評価となります。
また、この順位は音ゲーの人気を測るものではなく運営の力に入れ具合の参考となるものです。


ランキングに影響する評価対象
・更新の頻度
・更新曲数

更新曲数に削除曲の復活は含まない。既存曲の追加譜面は更新曲数として含む。
上記評価点が均衡している場合、オリジナル曲か版権か、また他機種移植曲である等の評価によって順位が変わる場合があります。
当サイトで扱っている「ときめきアイドル」はこのランキングに含まれません。
加えて「DANCERUSH」も今回は含んでおりません




それでは今回のランキング発表です。



第1位

CHUNITHM

更新頻度 約6回
更新曲数 最低37曲


驚異の追加楽曲数で他を圧倒。
STAR PLUS の稼働が特に大きい。
更新は2週に1回程度だが一度の追加曲数が多め。
今回は新作稼働、MAP追加でオリジナル楽曲も大量に追加されたため文句なしの1位でした。




第2位

SOUND VOLTEX

更新頻度 約6回
更新曲数 最低35曲


1位とほぼ変わらない大量の曲数は3位以下を大きく突き放している。
ΩDimension で入賞作品の追加等もあり評価の高い楽曲が多かった。
その反面、ビーストの大量移植等も多かったため2位。





第3位

jubeat

更新頻度 約8回
更新曲数 最低13曲


3月は毎週更新、4月からは10周年企画も始まっており、追加曲数以外の個所で盛り上がってきている。
今回ゴールデンボンバーの楽曲が48曲も追加されたが各都道府県によって若干異なるだけのため1曲として扱っています。
曲数は4位に劣るが更新頻度が格段に上がっていること、今作のボスとして登場した楽曲が現在作曲されることがほぼなくなっている人気コンポーザーDJ YOSHITAKAが関わっていることから非常に価値が高く、今後の10周年企画も併せてそれだけ期待されていることが伺えるためこの順位となりました。
次回以降はさらに上を目指せる機会が来るのではないかと思っています。





第4位

maimai

更新頻度 約6回
更新曲数 最低19曲


追加曲の傾向はCHUNITHMと似ていて、更新週のタイミングもほぼ一緒。
しかしCHUNITHMと比べて楽曲の追加数が少なめであり新オリジナル曲もチーズ解禁曲くらいなのでSEGAはmaimaiよりCHUNITHMの方に力を入れているということを感じてしまいます。





第5位

GITADORA

更新頻度 約9回
更新曲数 最低9曲


更新頻度は前回と同じくトップであり毎週更新に加えて楽曲交換イベントもやっているため週一更新以上の頻度。
しかし今回は上記で書いた通り楽曲交換が何度かあり、移植が多め。
加えて週一更新は毎回1曲だけの更新、一部譜面は違うものの復活曲であったりしたためこの順位となりました。





第6位

ノスタルジア

更新頻度 約7回
更新曲数 最低13曲


追加は多かったもののほぼ版権と楽曲交換イベで、ストーリーの方は佳境に入っているためなのか一切更新はなし。
次回作の目処が立つタイミングでストーリーと新曲の更新が来そうではあります。
曲数も比較的多く更新も多めであり悪くはありませんが他の機種が頑張っていたためこの順位です。





第7位

beatmania IIDX

更新頻度 約3回
更新曲数 最低3曲


更新頻度も更新曲数も全体で見れば最低クラスですが新曲は追加されています。
また更新の中にはアリーナモードという新しい試みも実装されていたため更新の頻度と曲数だけでは測れないものもあります。
また、更新がなくてもほとんど衰えないことがこのゲームの強みであり、上位に上がってくることは少ないですが決して落ちることはない不動の域に達しているといえます。




第8位

Pop´n music

更新頻度 約4回
更新曲数 最低10曲


更新はやや少なめ。
更新曲数は普通くらいであるものの今回は版権と移植曲だけであり、他機種にも行き渡っているものが多い。
その割には解禁もやや重いのでこの順位です。




第9位

DANCE DANCE REVOLUTION

更新頻度 約2回
更新曲数 最低10曲


めったに更新されないDDRなのでこれでも今回は更新多い方です。
コナオリ曲の移植と版権追加がメインでしたがサクリフ等の移植が待たれていた曲が追加されたことは大きいです。





第10位

REFLEC BEAT

更新頻度 約3回
更新曲数 最低2曲



いつものことですが復活曲を合わせれば追加曲数はトップ。
新規譜面はほぼなく更新を下回っています。
去年から一切アップデートしていないことが非常に不安です。





第11位

MUSECA

更新頻度 約1回
更新曲数 最低0曲



追加曲なし。
更新はボルテの楽曲が連動せずともプレイ可能になるというもの。
これは緩和ではなくボルテ側の救済、終焉が近付いているとしか思えない。




以上でランキング終了となります。
次は2018年 5~6月のランキング発表を7月頃に行います。
次回もよろしくお願いします。